コープさっぽろの取組

ECO・OP

-CO2と省エネルギーをめざすお店、ECO・OPについてご紹介しています。

環境配慮型店舗ECO・OP(イイコープ)誕生

2010年10月1日、-CO2と省エネルギーをめざす、ECO・OP店舗がオープンしました。第1号店が木造建築にもこだわったECO・OP「西宮の沢店(札幌市)」です。

この後、木造建築ではありませんが、設備などほぼ同じコンセプトで、「さつない店(幕別町)」(2010年11月、「新橋大通店(釧路市)」(2011年5月)、「とんでん店(札幌市)」(2011年12月)、「びほろ店(美幌町)」(2011年12月)がオープンしました。

そして、2012年、西宮の沢店に次ぐ、-CO2と省エネルギーをめざす、ECO・OP店舗の第2号店として「いしかわ店(函館市)」(2012年11月)がオープンし、環境配慮型ECO・OPのお店は6店舗になっています。


ECO・OPのコンセプト

ECOLOGY ECO・OP GREEN STORE

私たちは7つの取り組みによってCO2排出量を削減します。

  1. 店舗開発(設計・資材・施工方法)での環境対策を持続的に進めます。
  2. 自然エネルギーの活用と省エネルギー技術の導入を進めます。
  3. 環境に配慮した商品供給と提供方法を追求します。
  4. 地産地消を拡大し商品輸送距離を短縮します。
  5. 省資源、再使用、資源の循環利用を追求します。
  6. 事業を通して環境配慮への理解を広めます。
  7. 働く一人ひとりが環境に関する理解を深めエコ活動を進めます。

これらを通じて、エコロジー(環境保全)とエコノミー(経済活動)の両立を実現します。


ECO・OP第1号店「コープさっぽろ西宮の沢店」

日本で初めての大型木造スーパーマーケット

-CO2と省エネルギー
  • 設計も、エネルギーも、デザインも、 お店そのものを「地球にやさしく」。 コープさっぽろの、 新しいエコ・チャレンジです。

    コープさっぽろでは、室蘭工業大学と共同で、「エコ店舗開発プロジェクト」を進めてきました。その研究の成果が、新しい店舗で実現しました。2010年秋にオープンした新店舗「Eco・op(イイコープ)」は、今までの鉄骨造りの店舗と比べて、-50%のCO2 削減が目標。店舗設計から使用するエネルギー、冷蔵ケースにいたるまで、さまざまな工夫とアイデアでその実現をめざします。エコがいっぱいの新しいコープに、どうぞご期待ください。

概要
位置 札幌市手稲区西宮の沢3条1丁目12番
構造 木造 平屋建て
工法 カラマツの集成材・サミットHR工法
床面積 2,999.49m2
使用材料 450m3 うち地域材400m3(主にカラマツ)
室数

店舗・地域交流スペース・組合員交流ルーム

ECO・OP(イイコープ)「西宮の沢店」は、-50%のCO2削減をめざしています。

  • 外装・内装には、木材をふんだんに使用

    地域資源の活用として、主要構造部に道産のカラマツ集成材を使用。全国でも例のない木造の大型店舗は、省エネルギー性能のアップとともに、あたたかみのある店内を実現します。

  • 広い屋根を活かした、ソーラーシステム

    屋根の上に太陽光パネルを設置。太陽光パネルを直接電気エネルギーに変換するパネル(太陽電池モジュール)を使って、CO2を発生させないシステムとします。

  • 照明設備のLED化で、消費電力をダウン

    直管40W形蛍光ランプ×2灯用器具とほぼ同じ明るさで、約35%の省エネができるLED。お客様用トイレや売場後方バックヤードスペースの照明に採用します。

  • 高気密・高断熱・天窓で、省エネルギー

    グラスウールの断熱材で断熱性能をアップ。さらに、高気密なLow-E複層ガラスの採用、太陽光を採り入れる天窓など、店舗設計から省エネルギーに配慮しています。

  • ムダのない、ガス・マイクロ・コージェネレーションシステム

    環境にやさしい天然ガスを使い、電気と熱を取り出して利用するシステムを採用。ガスエンジンでの発電と同時に、排熱を給湯などに活用できるのでムダがありません。電気と熱の高効率利用を実現しました。

  • フロンを使わない、冷蔵・冷凍ケースを採用

    環境に配慮し、冷蔵・冷凍ケースはフロンを使わない機器に。 また、冷却効率を高める仕様、庫内照明の変更や夜間冷却の停止など、さまざまな工夫でCO2の削減を図ります。


ECO・OP第2号店「コープさっぽろいしかわ店」

木造大型スーパーマーケット

コープさっぽろいしかわ店は、「木造大型スーパーマーケット」です。

PAGETOP