裏ちょこ

よむ

2020年4月21日

未来のために台所からできること

ちょこっとを制作している編集スタッフの裏話をご紹介!


ちょこっと4月号P46
「未来のために台所からできること」
担当のこぐれあいこです。

4月号から始まったこの連載では、
地球環境のために、
台所まわりで、小さなことでもいいから
できることを探っていきます。

食品ロスやプラごみの問題など、
気になっているけど
何をやっていいのか分からない、
そもそもなぜ問題なのか分からない、
SDGs初心者(私もそうです!)の方に向けて
分かりやすく伝えられたらと思っています。

4月号では、
「すぐに食べるなら賞味期限の早いものを買おう!」
という提案をしました。

以前は、棚の奥の新しいものを
真っ先にとっていた私ですが、
その必要のないことも実際多いものです。
今晩食べるなら、手前でもいいですよね。
こんな些細なことでもみんなが気をつけたら
捨てられる商品も少なくなるはず。

実は、このコラムの担当に決まってから半年ほど、
我が家のプラごみは激減しました。
ラップは半年間一度も買っていません。
ペットボトルごみもほぼゼロ。

なぜこんなに変われたのか、
大事なことは「知ること」。

意識して、どうして問題になっているのか
30年後の未来はどうなりそうなのか知ろうとすることで
自然と行動にうつせるのでは。

家にいる時間が長い今、
買い置きの食品をどこまで上手に使い切れるか、
プラごみをどこまで減らせるか、
楽しみながらやるのもいいですね。
あまり神経質になっても長続きしません。
あくまで「楽しみながら」できることを
やってみてください。

隔月の連載で次回は6月号。
プラごみの特集です。
こちらもどうぞお楽しみに♪

ちょっと待って!手前のヨーグルト、売れ残ったら捨てられちゃうかも?!これって食品ロスだよね?

すぐに食べるなら賞味期限の早いものを!

この記事をシェアする

おすすめ記事

TOPへ戻る