裏ちょこ

よむ

2019年7月5日

メロンみるく、お試しあれ!

「ちょこっと」を作っている編集スタッフの裏話をご紹介します!


生産者特集を担当した、メロン産地出身・青田です。
冒頭で取り上げたのは、青肉党vs赤肉党の激アツ論争。
近年の市場は赤肉が優勢ですが、アラフォー同世代の皆さん!!!
昔はメロンといえば、遠足も運動会も、青肉でしたよねー。ねぇー。

さて「メロン産地あるある」を一つ。収穫時季が2~3カ月と短いこともあり、
この期間は地元でも大量のメロンが出回ります。生産者さんの直売所では
少し傷があったり、規格に満たないメロンがオトクに売られていたり、
「いるかい?」とメロン農家の知人にいただくこともしばしば。

夏の間、食べても食べても冷蔵庫にいるメロンたち…。
次が控えているので、親から「早く消費せよ」と無言の圧力が子にかかります。
そんな中、完熟品はよく「メロンみるく」にして食べていました(私は青肉党)。

1. 冷やしたメロンを半分に切り、種を取ります(余談/白ワインに合うので置いてみた)
2. 牛乳をたっぷり注いで、前半は実を大きめにすくって食べます
3. 後半は牛乳と実が混ざるので、メロンジュースとして飲みます
4. この食べ方の良いところは「皮ギリギリまでムダなくこそげる!」ことです

アイスを入れても良いのですが、甘い物があまり得意ではない私は牛乳が好み。
一人でメロン半分食べちゃう「背徳感」がたまりません(たまにお腹壊します)。
赤肉でももちろんおいしくできますので、お安く手に入った際にはぜひお試しを!

皮ギリギリまでムダなくこそげたメロンはこちら!

この記事をシェアする

おすすめ記事

TOPへ戻る