10月27日(土)開催 聞いて 知って アニマルウェルフェア! ~今畜産が変わろうとしている~

アニマルウェルフェアとは

アニマルウェルフェアは、家畜の習性や行動に配慮し、苦痛を感じさせず健康的に飼育する方法です。

アニマルウェルフェアで、「家畜はストレスが減り、乳牛の乳量増加や、病気やケガが減る」という生産者のメリットがうまれます。
消費者は「のびのびと健康に育った家畜から作られた製品を食べる」ことができます。
国連では2005年から世界家畜福祉基準を策定しており、アニマルウェルフェアは世界の共通認識となっています。日本では、ほとんど
知られていない現状でしたがここ数年、北海道を中心にアニマルウェルフェアと製品化の動きが始まりました。
今、畜産がアニマルウェルフェアで変わろうとしているのです。

次第

第1部 講演

<p>瀬尾哲也氏<br />
(帯広畜産大学畜産学部准教授、アニマルウェルフェア畜産協会 代表理事)</p>

瀬尾哲也氏
(帯広畜産大学畜産学部准教授、アニマルウェルフェア畜産協会 代表理事)

第2部 実践者からの報告

<p>坂根遼太氏<br />
(株式会社坂根牧場:大樹町)</p>

坂根遼太氏
(株式会社坂根牧場:大樹町)

第3部 質疑およびフリートーク

開催概要

日時

2018年10月27日(土)
13:30~15:30 ※受付13:00

会場

かでる2・7 820研修室
(札幌市中央区北2条西7丁目)

定員 140名
※定員になり次第締切ります

参加費

500円/人
※当日受付にてお支払いをお願いいたします

申込について

申込締切

2018年10月20日(土)
※定員になり次第締切ります

申込方法

「氏名」「電話番号」「人数」を下記、北海道生協連へFAXかお電話にてお申込下さい。

北海道生活協同組合連合会(北海道生協連)

TEL:011-841-8601

FAX番号:011-841-8605

主催、後援

主催

北海道生活協同組合連合会、生活協同組合コープさっぽろ、NPO法人北海道食の自給ネットワーク

後援

生活クラブ生活協同組合北海道、(一社)北海道消費者協会、北海道

お問い合わせ

NPO法人北海道食の自給ネットワーク

担当:おおくま

TEL:090-2818-5502


PAGETOP