トドックスマイルキャラバンfor179 -102

No.102 遠軽町

★トドックスマイルキャラバン102市町村目【遠軽町】《遠軽町埋蔵文化財センター》素敵な展示室の中での贈呈式✨遠軽町白滝は、後期旧石器時代の遺跡の数が日本一と言われています!国内外から多くのお客さんが来るんですよ。

★トドックスマイルキャラバン102市町村目【遠軽町】《遠軽町埋蔵文化財センター》この1番大きな写真は真ん中が白いでしょ?横の2つの黒曜石は真ん中のもともとあった黒曜石を石器として切り出す為に削り不要になったもの。外側のかけらを集めて繋げてあります。出来た石器はどこかで使われていたそうです。遠軽町白滝は石器を作る工場のようになっていたんだね!

★トドックスマイルキャラバン102市町村目【遠軽町】《遠軽町埋蔵文化財センター》このように、石器を作り出した後の周りの石を繋げたものを、接合資料といいます。かけら1つ1つに記号をつけています。こんな立体パズル難しすぎるね〜!でも、接合資料を見るとどのように削ったのかがわかるよね!

★トドックスマイルキャラバン102市町村目【遠軽町】《遠軽町埋蔵文化財センター》遠軽町白滝は、日本最大級の黒曜石(こくようせき)の産地です。この黒曜石から、ナイフのようなものを作ったり、動物の骨の先につけて槍のように使ったりしていたんだよ。

★トドックスマイルキャラバン102市町村目【遠軽町】《遠軽町埋蔵文化財センター》黒曜石の上でライトアップされるトドック。かっこいいね(^^)ここでは毎月コンサートも開催されています♫響くしこの雰囲気の中とってもロマンチックに演奏を楽しめそうね!また、黒曜石のアクセサリー作りなども手軽に体験できるコーナーもあります!一階のジオパークではシアターがあり、わかりやすく知る事が出来るよ★

★トドックスマイルキャラバン102市町村目【遠軽町】《遠軽町埋蔵文化財センター》遠軽町にある「白滝ジオパーク」のミュージアムキャラクター「アンジくん」とパチリ★名前の由来は、アイヌの人たちが黒曜石の事を「アンジ(アンチ)」と呼んでいたからなんだとか
ココには面白い顔ハメパネルもありましたよ(^^)


PAGETOP