お取引先の皆様へ

「JFS-A/B監査及び適合証明プログラム」適合証明

コープさっぽろはJFS-A/B監査及び適合証明プログラムに基づく監査会社として食品安全マネジメント協会に登録し、適合証明をおこなっています。

JFS-A/B監査及び適合証明プログラムとは

  • codex委員会の「食品衛生の一般原則」に準拠した日本発の食品安全管理規格です。その特徴として、規格は全て日本語で表記されガイドラインによる補足により、取り組みやすくなっています。また、各企業様の状況に応じた食品安全レベルで取り組み、段階的にレベルアップできる仕組みとなっています。
  • JFS規格は、「食品安全マネジメントシステム(FSM)」「ハザード制御(HACCP)」「適正製造規範(GMP)」3つの要素で構成されています。
  • JFS規格は、A/B/Cの3つの規格があり、そのうちA/Bの2つの規格をコープさっぽろは、監査及び適合証明をおこなっています。

規格の詳細

食品安全マネジメント協会のHPを参照ください。

適合証明の大まかな流れ

(1) お申込み
(2) ご契約
(3) 打合せ
(4) 書類提出
(5) 現地監査
(6) 改善
(7) 判定委員会
(8) 登録
(9) 適合証明書の発行

  • 適合証明の有効期間は3年間です。
  • 毎年現場を中心とした維持監査と3年ごとに更新監査を行います

その他・お問合せ

コープさっぽろは適合証明だけでなくコンサルティングもおこなっております。
詳細や金額につきまして、下記へお問い合わせください。

コープさっぽろ品質管理室(担当:是永・定岡)

TEL 011-672-5927
9:00~18:00 ※土日除く
メール csap.qcs@todock.jp

PAGETOP